カルディア
について

就労移行支援とは

就労移行支援事業所とは、障害者総合支援法に規定される障害福祉サービス(自立支援給付)の中の訓練等給付に位置付けられるサービスを提供する事業所です。
障害があって一般就労したいけど就職が決まらない方、履歴書作成、面接やコミュニケーション等が苦手な方、仕事が長続きせずキャリアが作れない方など、65歳未満を対象に「2年間」という利用期間の中で、就職に必要な知識やスキル向上のためのサポートをおこない、就職後の定着までをサポートしています。

カルディアの特徴

障がい者の皆さま、またその家族の方々、
一般企業への就職と職場定着をサポートするカルディアで
自分らしく「働く」ことを目指しませんか!

障がいのある方の社会参加をサポートする、国の支援制度で障害者総合支援法という法律があります。
就労移行支援は、障害者総合支援法に基づく就労支援サービスのひとつです。
私たちカルディアは、一般企業への就職を目指す障害のある方(65歳未満)を対象に就職に必要な知識やスキル向上のためのサポートを行っています。

一人ひとりに合う「働く」を見つけていけるカリキュラム

就労移行支援事業所は、学校のように通いながら就職に向けたサポートを受けることができる場所です。
個別の支援計画に沿って、他の利用者と一緒に就職に役立つ知識や必要なスキルを学ぶこと、就職の準備をすること、就労支援員に就職や体調に関する相談することなど、必要なサポートを受けることができます。

就労移行支援事業所を
利用できる方について

  • 一般就労したいと考えている方
  • 65歳未満の方
  • 精神障がい、知的障がい、発達障がい、身体障がいなどの障がいのある方
  • 障害者総合支援法の対象疾病となっている難病等のある方

また就労移行支援は障害者手帳の有無に関わらず、医師の診断や自治体の判断により利用することができます。

自分のペースで通所できるので徐々に就労リズムを付けられます

自分の生活リズムに合わせて週に1回から通所スケジュールを組めます。
仕事に就くと週5日の勤務が多いですが、自分のペースで週5日を目指していきましょう。
週1日から始めて週2日、週3日と徐々に通所を増やしていくことで、就労してからのリズムを無理なく身につけていくことができます。

自分に合った「場所」「人」を
みつけるための職場体験実習

企業での実習は、自分に合う仕事、自分らしい働き方を考える上でとても大切です。希望があれば、職場体験実習も可能で、学んだことを試したり、自分に合った職業や職種を発見する場として、実習先が豊富にあります。職場体験実習で自身の適性を把握することが、長く働き続けられる就職につながります。企業や近隣施設などへ実践実習を通して、実際の業務を学び、就職へのステップとしていきます。

独自の専門家講習「名人講習」や
さまざまなプログラムを通して
就職へとつなぎます。

種類豊富な講習プログラムで能力向上と就職の実現を目指すカルディアは、職場で通用する技能「ITスキル・英語力・会計知識」を中心に、独自のさまざまなプログラムを常時用意しています。
また講習プログラムの中で、カルディア独自のユニークな専門家講習が話題です。その名も名人講習。パソコンスキルを講習する専門家を「web名人」、日常英会話を講習する専門家を「TOEIC名人」など、外部から専門家を招き、親しみやすく楽しい、就職時に役立つビジネススキルを数多く提供しています。

安心して働き続けるための
職場定着支援

就職が決まった後、実際に働きだしてみるとさまざまな問題に直面することがあります。「職場になじめるだろうか」「仕事はうまくやっていけるだろうか」など、このような不安や悩みや問題に対して、就職者と企業の双方に定期的に面談やヒアリングをおこない、調整しながら一緒に解消し定着を目指していきます。就職が目標ではなく長く働き続けることが目標です。

自分の適正に合った職場を探す
無料職業紹介でサポートします

グループ企業とのネットワークにより、就職アドバイザー(障害者職業生活相談員)がご利用者の適性に合った職場探しをお手伝いします。
適正に合った業種や職種を探したり、働きやすい職場環境を考えたりするために、職場見学や実習を行うことでご自身に合った職場を探すことができます。面接や書類作成のサポートから、入社後も自分らしく安心して働き続けていただくためのサポートをいたします。
また障がい者の就職指導に限らず、「一人暮らしをして自立したい」「家族の障害のことで悩んでいる」など、生活相談も受けております。
私たちカルディアは、障害のある方や、その周りの方々が、当たり前に相談できる存在になることを目指しています。

障がい者の職場適応促進ツール

ワークサンプル幕張版で
職場訓練のスキルを上げます

ワークサンプルとは、障がい者職業総合センターにより開発された訓練の名称で、OA作業、事務作業、軽作業などの実際の業務の疑似体験が出来る訓練です。事務作業系の訓練日報、また軽作業系の重さ計測、パソコンを使ったOA業務など各種ワークサンプルを揃えており、幅広い業務に挑戦できること、反復練習により、日々の成長を実感できることからカリキュラムの軸にしています。実施に関しては専門の作業療法士がサポートしますので安心です。

●OA作業/数値入力・文書入力・コピー&ペースト・検索修正・ファイル整理
●事務作業/数値チェック・物品請求書作成・作業日報集計・ラベル作成
●実務作業/ナプキン折り・ピッキング・重さ計測・プラグ組立・タップ組立

レクリエーション活動や
施設外プログラムも盛んです

施設外への外出プログラムでは、ひとりではなかなか不安で外に出れない方や、夜型の生活を昼型に戻したい方も、みんなで散策にでかけています。心と身体の健康を保つには適度な運動も大切だと考えています。
また利用者様間の親睦を図る目的で、お花見や施設見学、バーベキュー、クリスマス会などのレクリエーションを、年間計画を立てて実施しています。自然と笑顔になって、ストレスやプレッシャーも無く会話も弾みますので、自然とコミュニケーションが生まれ、精神形成の一助となっています。