利用者の声

自分の特性を知り自信が持て、再スタートを切れました。30代男性 精神障がい

前職時、仕事が嫌いというわけではなく、人と接するのも特に苦手ではなかったですが、なぜか疲れやすく、体力も精神力も消耗しやすかったことを覚えています。そんな精神的な疲労から徐々にささいな悩みが積み重なり、限界だと思うようになりました。専門医の診断を受けると「広汎性発達障がい」という診断でした。
住まいの近くにあったカルディアを見学すると、施設内は明るく、利用者みんなが支援員の方々と信頼関係ができていると感じられました。すぐに通所を決意し各種トレーニングで学び、職場体験実習を通じて、目標にしていた希望業種に再就職が決まりました。今は少しずつ業務を理解していくにつれ安定して取り組めるようになったと思います。

自分にとって適正な関わり方がわかり無理をしなくなりました。40代女性 発達障がい

カルディアでは、仕事の優先順位のつけ方やコミュニケーションのとり方、仕事への取り組み方をトレーニングしました。
指示は必ずメモを取る、時間を小まめに確認するといったクセがつき、過集中になることが減ったと思います。以前より疲れずに作業できるようになりました。
頼まれごとを断るのが苦手で、何でも自分で最後まで抱え込んでしまうところがありましたが、適切な断り方や相談の仕方が身に付いたことで、無理をせず頑張れるようになりました。現在は建設会社の事務としてフルタイムで働いています。

苦手なPCを少しずつ克服し、成長している実感があります。20代女性 身体障がい

昔からPCが苦手でこれまでもできるだけ使うことを避けてきました。
カルディアではPCを初心から学びトレーニングし、エクセルの入力作業を可能な限り毎日練習しました。分からない場合は支援員の方にすぐに聞くことができましたし、どんなに些細なことでも私に寄り添って一緒に取り組んでいただけました。そして徐々にですが苦手意識を克服していき、今では以前よりスキルがついたと実感しています。
今はアドバイスをいただきながら事務作業の仕事を行っています。

手先の器用さを活かし、職場定着を目指しながら奮闘中。20代男性 知的障がい

仕事を始めても、数ヶ月で辞めてしまうことを繰り返していました。集団で過ごす中、人間関係がうまく構築できないことに悩んでいました。以前の職場を退職後、何事も自信が持てず日々不安でした。
でも手先の器用さは自信があり、カルディアでモノ作りの仕事がしたい希望を親身に聞いて頂き、長く働けるためのトレーニングを積み、リフォーム業への就職が決まりました。
働くことの喜びをかみしめながら、自分の性格を自覚し、職場定着を目指しています。

手軽にストレッチを取り入れて気分転換を図っています。30代女性 精神障がい

私が通うカルディアでは、午前と午後のはじめに、10分程度のストレッチを行っています。
身体を伸ばしたり動かしたりすることで良い気分転換になっています。
それによって体がかなり柔らかくなり、姿勢もよくなりました。
今後、仕事をしていく上で、体力向上や作業効率を高めるための身体のメンテナンスはとても大切だと思っていますので、
家でも実践していきたいと思っています。
そして運動習慣を身に付けることやご体力づくりにつなげて、良い就職活動を行っていきたいと思っています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

みなさんに安心してご利用いただくために、事業所見学や体験利用をおすすめしています。
ちょっとした質問・相談もお気軽にどうぞ。電話で資料請求もできます!
ご家族の方もお気軽にお問い合わせください。

受付時間/月〜土曜 9:00〜16:00